軽自動車にルーフラックのinno エアロラック100 IN569を搭載してみた。


f:id:tawainai-days:20170728183415j:image

我が家の車は軽自動車なのですが、キャンプにいくとなると、家族4人+荷物ってことで大変な量になります。

貧乏ファミリーに大きい車を飼う余裕はありません。

ルーフボックスでも取り付けようかな~と思ってたら軽ハイトワゴンにルーフボックスのっけたら不細工だし、ルーフバーの積載重量の制限でちょっとしか乗せれないということで却下。ルーフラックに妥協となりました。(安いしw)

 

エアロラックシェイパー100 IN569に決定

色々悩んだ末購入したのがこちら。使わないときははずせるし、ちょうどいいかな。

f:id:tawainai-days:20170728183516j:image

雨対策に上に乗っけているのはAmazonで買ったキーパー防水カーゴバッグです。この中に荷物をバンバン入れました。

お金があってルーフラックとルーフバッグめんどくさいよという方は、スーリーのレンジャー90をおすすめします。37000円とお高めなのですがルーフラックのバッグタイプみたいなもので、使い終わったら収納できて便利ですよ。

 

グレゴリーのスタッシュダッフル 45L買いました

夏になったので小学校の子供には色々なイベントがあります。自分の子供のサマーキャンプが2泊3日であるのでちょうどいいバッグがないなぁということで、子供ぽくなく、家族も後々使えそうなカバンを探すことにしました。

調べてみた所、小学生の修学旅行の推奨サイズが2泊3日の場合45L〜50Lということで、そのあたりのダッフルバッグ・ボストンバッグで、大人でも使えそうなものを調査した所、下記の5点が人気・有名なようでした。

候補一覧

コールマン ボストンバッグMD CBD4021BK


[コールマン] Coleman ボストンバッグMD CBD4021BK

  • 表地: ポリエステル
  • 留め具の種類: ファスナー タテ30cmxヨコ60cmxマチ30cmx持ち手の高さ19cm
  • ポケットの数:9(外側4/内側5)
  • 重量:910g
  • ショルダーストラップ付き(全長130cm)
  • 容量: 50L
  • 価格相場: 6500〜8000円

こちらは修学旅行バッグ人気NO.1なようです。靴専用の収納場所や細かい仕分けができるスペースなど多彩で開ける部分も大きくとても使いやすく設計されています。
なにより価格がリーズナブルです。

 

 

コールマン 3ウェイボストンMD


[コールマン] ボストンバッグ 3ウェイボストンMD 2000027152

  • 表地: ポリエステル
  • 留め具の種類: ファスナー タテ28cmxヨコ58cmxマチ30cm
  • ポケットの数:3(外側1/内側2)
  • 重量:850g
  • 持ち手の全長:55cm
  • ショルダーハーネス付き
  • 容量: 50L
  • 価格相場:6500〜9000円(色によってばらつき)

こちらは3WAYでリュックにもなるボストンバッグです。靴用の収納場所はないですが、ほかは上のコールマンのボストンと大差ないようです。

ザ・ノース・フェイス BC Duffel S


[ザ・ノース・フェイス] リュック BC Duffel S NM81554

  • メイン素材: ポリエステル
  • 表地: 1000DTPEファブリックラミネート(ポリエステル100%)、900DTPEファブリックラミネート(ポリエステル100%)(LN)、840Dナイロン
  • 収納可能サイズ: A4サイズ収納可能
  • 留め具の種類: ファスナー
  • サイズ: タテ32.5cmxヨコ53cmxマチ31cm
  • ポケットの数:2(外側1/内側1)
  • 重量:1260g
  • ショルダー全長:83cm
  • 容量: 50L
  • 価格相場:11000〜14000円

こちらは中高生に人気NO.1のダッフルバッグです。素材は街でよく見かけるノースフェイスの四角形のリュックの素材と一緒、硬そうなやつです。この素材のおかげで雨とかドロ汚れも安心。部活などハードな使用でも安心です。

デメリットは素材が硬いのでファスナーが開けづらくなってることでしょうか。

ザ・ノース・フェイス BC Duffel S


ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) キッズ ナイロンダッフル 50(K Nylon Duffel 50) NMJ81600 RR ローズレッド

  • 素材: 330D Duramax®ナイロン、450Dポリエステル(TP、FP)、420Dナイロン
  • 重量:680g
  • サイズ: 53×32cm
  • 容量: 50L
  • 価格相場: 12000〜15000円

こちらは上のBCダッフルの素材を軽い素材に変更し、キッズ用として販売しているだけです。子どもには上記のBCダッフルは重量が重いのでこちらは680gととても軽くなっています。コチラの商品人気があり、キッズ用のほうが価格が何故か高いという謎w

グレゴリー スタッシュダッフル 45L 34J*39015


[グレゴリー] ダッフル 公式 スタッシュダッフル 45L 34J*39015

  • 素材: 600デニール・クロスライン・ポリエステルと840デニール・バリスティック・ポリエステル
  • 留め具の種類: ファスナー
  • タテ26cmxヨコ61cmxマチ31.5cm
  • ポケットの数:1(外側1/内側0)
  • 重量:610g
  • 持ち手の全長:80cm
  • ショルダーストラップ付き(全長110cm)
  • 容量: 45L
  • 価格相場:10000〜12000円

こちらは山アイテムで有名なグレゴリーのスタッシュダッフル。3wayでリュックにもなります。公式の写真はなぜかグレーっぽく見えますが、商品のシャドーブラックはちゃんと黒色でした。大人が使っても違和感ないデザイン。

色々悩んで決めたのはグレゴリースタッシュダッフル

いろいろ悩んで実際のものも見てきたのですが、今回のポイントは親も出張・旅行に使えるかということを決め手に選んだのです。

ノースのBCダッフルは子どもには少し重いかなというところと、大人がつかうより学生が使っているところをよくみているので、大人が使いにくいかな。キャンプなどに行く場合には絶対オススメなのですが。

コールマンはほんとによく出来ています。細かい仕分けができるしポケットも多いので、人気があるのもとうぜんかなと。

子供が使う事だけなら間違いなくリュックになるコールマンかノースフェイスのキッズダッフルでしょうか。

それでもグレゴリーに決めた理由なんですが、やっぱり大人が持っても気にならないし自慢できる感じでしょうか。何より無駄なものがないのですんごく軽い、610gです。
さらに手持ちだけは嫌。ショルダーでずっとだと肩痛くなるかも、だけどリュックにもなるので便利かと思いました。

グレゴリーのスタッシュダッフルレビュー

f:id:tawainai-days:20170722155001j:image

何度も言っておきますが公式の黒色の写真はグレーに見えますが、ちゃんと黒色です。

見た目も普通のボストンバッグみたいな形。

薄っぺらい素材に見えますが、そこはグレゴリー、しっかりしてます。

とってもコンパクトになります

f:id:tawainai-days:20170722155410j:image

普段使わないときもこのように専用の袋がついていて、とってもコンパクトになります。

クローゼットの場所をとらないので、奥さんも安心です。

左右のバックルで荷物の量に合わせてサイズを調整できます。

左右のバックルは荷物量によってバッグサイズを調整できるほか、ショルダーベルトをつけることもできます。

f:id:tawainai-days:20170722160215j:image
ショルダーモード

f:id:tawainai-days:20170722160243j:image

中には鍵をつけるフック?がついてます。

f:id:tawainai-days:20170722160446j:image

2・3泊なら安心の容量

f:id:tawainai-days:20170722160626j:image

ファスナーをあけるとガバッと広がるので、荷物を簡単に入れられます。容量は45Lとなっていて、他のバッグより小さいのかなと思いましたが、実際サイズもこちらの方が大きくたくさん入ります。ムダな作りがないからでしょうか。

リュックモードは超便利

f:id:tawainai-days:20170722161246j:image

リュックとしての使用も可能です。おすすめは上のバックルだけ閉じて絞った感じにして使うとかっこよくなります。旅の途中で疲れてきてもリュックのように背負えるだけで全然違いますよ。

総評:グレゴリーのスタッシュダッフルはベストなチョイスだったとおもう。

グレゴリーはリュックは持っているのだけど、ロゴが変わった新しいバッグは一つもなかったので、今回新しい仲間入りというとこです。

新しいロゴは確かにリュックじゃないこういったタウンユースなカバンにはマッチしているなぁと思いました。

グレゴリーなら品質でも確かです。大人も使えるダッフルバッグ・ボストンバッグをお探しならぜひグレゴリーのスタッシュダッフルを。

DIYで。ブランコ


f:id:tawainai-days:20160925221350j:image

うちは近所に公園がないもんだから、思い切って作ってみた。

なかなかの出来映えに感動w。

でもって作ってる最中にやたらと蜂がくるから家を見回してみると、蜂の巣発見。


f:id:tawainai-days:20160925222141j:image


f:id:tawainai-days:20160925222232j:image

もはやただの便利屋だねと思われそう。

たまには見渡そう。自分の家。